頑張ってるよね

PUKdYHTSNNHxg5r1588637711_1588637889.jpg
[続]夫の夢
夕べの夢はフライパンではなく包丁を持っていたらしい
夢話が楽しそうに拡大しています

10歳と1歳の男孫2人の健やかな成長を願って
今年も五月人形とパッチワークを飾っています
パッチワークには4×歳と3×歳の息子2人の名前も刺繡

彼らのこれからが幸せでありますように
心から願って「こどもの日」を過ごしています

早く学校へ行けて
友達と普通にスキンシップ出来るといいね
そんな事すら思うように出来ない今

長く生きてきている我々も
かつて経験ない現状

なすすべもない

想定外の事が起きている今・・・人間って無力

頑張ろうなんて言わない

すごーく頑張っている

夫が泣いた理由

yjimage.jpg
今まで泣いている夫を1度も見た事がない

それが声を出して泣いた
本当に悲しそうに「オンオンオン」・・・と
そして
大きな声で何か叫んでまた泣いた

どんな悲しい夢を見ているのだろう

朝起きて

「何か悲しい夢見たの?」

「?」

少し間があったが
自分で声を出した事に記憶があったようで・・

そして
夫の口から
とんでもない言葉が

「あっ。そうだ。お母さんにいじめられた夢見てたんだ」
「フライパン持ってたたかれそうになった夢」

・・・らしい

それで
声出して泣く?

それと
夢と言えど
フライパン(凶器)持ってたたこうとしたの

その前に
何悪い事したんだろう

・・・夢の話でした

突然のひらめき

KIMG1351.JPG
午前
ヨモギを摘んでくる
毎年行くその場所は人に踏まれる事なく生えている
ひっそりとした街はずれの場所

2~3日前
風呂上がりにもうすぐ誕生日の友人の事をふと思い
彼女の誕生日すぐ忘れちゃうなぁ・・
なんて考えていたら

「これは忘れないぞ」と思うひらめきが突然舞い降りた

彼女の誕生日は5月3日
5月と3日に「5」をプラスすると10月8日(私の誕生日)

それがどーしたと思うくっだらない話ですが
高校入学した15歳で知り合い
今は遠い所に住んでいるけれど

ず~~~~と交流が続いている友達

そんな大事な友達なら誕生日くらい覚えておけよと思うけれど
ここ数年LINEするようになってより交流が親密になって
お互いの誕生日が何時なのか・・・お互い聞いても忘れる

このひらめきは彼女も絶賛(笑)

今日は彼女の誕生日

さぁ~連休です♪

gYyU2wUjsywiRPJ1588403964_1588404005.jpg
連休です
子供達も長期の休日

例年なら帰って来ている・・・はず

料理
何作って待っていようか考えるのも楽しみ・・だった

珍しくもない何時もの定番料理
スパサラ、豚汁、ハンバーグ等々

美味しいと言って食べてくれる顔を思い浮かべ
冷蔵庫冷凍庫に食材パンパンに詰め込んで待つ

毎日頑張っている子供達家族にゆっくりしてもらいたい

それも皆叶う事なく・・・

でも
皆が元気でいてくれる事が何より

そのためにも今は耐える時だね

このコーヒー

IMG_3608.JPG
「このコーヒー美味しかったから又買おうかな~

そうつぶやいただけなのに
お札1枚出し

「これで買いな」

オゥ
何と太っ腹

どうした夫よ

日々優しい妻へ感謝の気持ち?

なんもなんも
いいんだってば

そう思うけど
せっかくの御好意を断るのも申し訳ない

ありがたく頂く

このコーヒなまら美味しい
買ってもらうとより美味い

初乗り

IMG_3604.JPG
大きなカレイ
お向かいさんから頂く
はらわた取って塩をして外に干す
食べるのが楽しみ♪

午後
今年初自転車に乗る
親友の家の近くまで走り
用事もあったのでそれを届け
少しの時間久しぶりの再会

頻繁に会っていた親友とも
あまり会わずに生活していたので

まるで恋人同士の再会のような・・・(笑)

自転車
今年も安全運転
気を付けて乗る覚悟でございます

夢で会えたね♪

yjimage (1).jpg
朝5時から6時の間二度寝をして夢を見た

まだ幼い孫娘と色々な所へ行き
ずーと手をつないでいた
夢なのに
目覚めても手のぬくもりを感じた

会えなくて寂しいとか思っていた訳ではないのに
心の何処かでその思いがあったのだろう・・・か

手をつないでいた孫娘ももうすぐ17歳

今度手をつなぐときは
老いた私を介護するためかも知れないね

オットー

それはまだまだず~~~と先の話
チャコばーちゃん元気だよ

5月の連休
会えなくて少し寂しいけれど
LINE電話や動画等で皆と会えているから大丈夫

頑張って今を乗り切ろうね

幼子相手に(苦笑)

IMG_3603.JPG

17時
ウオーキングがてら桜の木を見てくる

蕾はまだ固い
1本の木には去年のサクランボが生っていた
落ちる事なく真っ黒いサクランボ

外へ出ると隣のジーちゃんとジーちゃんのひ孫が居た
7歳と4歳

幼い子を見ると心が和む

ジーちゃん
ひ孫の事「俺の子だ」って
非常につまらない冗談で「はぁ~?」と相手にせず

7歳の男の子「じーちゃんは○○才なんだよ」って教えてくれた
私の事「どう見ても40才」

あの子は優しい男の子
若く言っておけば喜ぶ事を知っている

「本当は何歳なの?」って鋭い質問
「41才!」
7歳の幼子相手に思いっきりウソをつく

マスクで
めっきり老いた
シミ、しわ、たるみなどの老化をしっかりガード

マスク

なかなか良いものだ

今頃知る

IMG_3599.JPG
使い捨てマスク売っている店をたまたま久しぶりに見た
10枚でン千円
お一人様3個まで・・高いと思う

この値段でも買う人はいるのだろう
高値でも買うしかない方も居るのだから
品薄の今、貴重なのかも知れない

マスクは手作りでもどうにかなる

しかし
マスクと同様「ハンドソープ」が売っていない事
買えなくて困っていると子供から聞いて初めて知る

家ではハンドソープと固形石鹸を置いている
手洗いは今までの何倍もするようになったが
固形石鹸が何個かあるので無くなる心配をした事がなかった

欲しいものが
欲しい時に
欲しくても店内から消えて買えない今

何ともない日常が
どんなに幸せだったのか思い知らされる

気分転換

IMG_3592.JPG
久しぶりにブログ書こうと思い
ウオーキングにもスマホカメラを持つ

・・・が

釧路の春はまだ遠い
やっと見つけた春を

ウオーキング

マスクしてひたすら前を向いて歩く
お陰様?で家周辺歩いても知らない人ばかり
誰とも会話する事は無い

家を出ると3軒くらい隣の方が家の前を通り
「こんにちは~」
「こんにちは~」お互い挨拶をする

「雨降って来たよ。寒いね」

玄関から出たばかりの私「えっ?」

ポタポタパラパラと午前中の残り雨が降っていた
口から出た言葉が「ほんまや~!!」

3軒隣のあの方
3軒隣の人(私)大阪の人?と思っているかな
いや
3軒隣に(私)可笑しい人居る?こっちだぁ

その後は晴れたのでウオーキングで気分転換


老いに負けず♪

IMG_3583.JPG
ご無沙汰しております

自己満足な本
昨日出来上がり送ってきました

4冊目の編集は慣れているはずが
6年という月日は過去の記憶も薄れ
編集をうまく出来ず何度も挫折寸前

ここで辞めたら老いていく自分を認め甘えるだけ

毎日新型コロナの情報に沈みがちな気持ちの中
何かに熱中して頑張ってみようかなと・・・

数年前の作業を思い出し
スムーズに編集でき始めた時は楽しくなっていた

こんな大変な時
こんなつまらない私ごときの物で手間暇かけて頂き良いのだろうか・・
そんな謙虚な気持ちになりつつも最後まで終える事が出来た

ブログを始めた2008年から今日まで10数年
今回は長期にブログから離れ
色々な事を考えた時でもあり・・

ボチボチ歩き出そうと思います

誰のためでもない

IMG_3509.JPG
ブログ本
作りたいと思ってます

誰のためでもない

自分のために

2010年
2011年
2014年

3冊の本
生活の記録でもある

今読み返すと新鮮に懐かしく面白い

4冊目に取り掛かった時
3冊も作っているのに「できるかな?」の不安が・・・

パソコンを手放そうかと考えた時
ブログ本4冊目完成してから決めようと決心

しばらくブログは休みます
凄ーく書きたい時に書きます

頑張ります~!!

切ないほど懐かしく思い出す

IMG_3501.JPG
         青い空にSL映えますね ※撮影者ミッチャン


3月です
12か月のカレンダー2月を破りました
裏は真っ白
紙質も良いものばかり

何時も思う事は

勿体ない

幼い頃
何もない時代
絵を描くのが好きだった

ノートの残った白い所に絵を書き
書いたものにクレヨンで色を付け
色々な可愛い服を着せて遊んだ

紙を切り抜いた人形遊び
布団や椅子も作った
食べ物も作った

そこでは叶わぬ夢が叶えられた

あの頃の自分なら
大きくて真っ白で紙質の良い
カレンダーの裏は宝物になっただろう

「裏に絵を描けるよ」

今でもそう思ってしまう

でも
勿論只の1度も書いた事は無い

厳しい寒さを乗り越えて育つ♪

IMG_3496.JPG
        寒さに耐えた葉牡丹が玄関で
        こんな形に成長しています

数か月前に姪が実を食べ終えたパイナップルの葉を育て
小さなパイナップルが出来た…とブログに書いた事があります

おばちゃん(私)はその小さな可愛いパイナップルを
自分でも作ってみたくて

真似して育てている

その過保護ぶり
寒い夜は風呂のお湯を抜かず風呂場へ移動(温室)
何時の日からか浴槽洗いは朝になった

お日様が出てくるのを待って日に当てる

そのまま忘れて朝までカーテン向こうの
ビンビン冷え込んだ場所で・・って事もあった(冷凍庫)

そんな厳しい環境の変化の中でも生きている

今の所なんの成長も無し

数センチのパイナップルが
育つかも知れないと思う期待

結構楽しみ

3度目の病気

TQTbvNHrhl0Ga1j1582883983_1582884027.png
     煮物を作った鍋を洗剤につけておくと
     茶色い汚れが輪になって浮いてきました
     。。。それだけの話

ここ数日変な汗かいたり
異様に体だるかったり
こんな日もあるよな^程度に考えていたが体に異変

病院へ行く前に間違いないと病名確信

初めて罹ったのは25数年位前
2度目は10数年前
今回3度目の

この病気
経験ある人多いと思うが結構つらい
脈打つようにズキンズキン・チクチクと痛む

最初はまれに2度かかる人もいると聞いていたが
3度の人もいる訳で

今は予防接種もあると初めて知った

今、おきている事

6knFH8kCA65nt1N1582590204_1582590298.jpg
  釧路~標茶間走っているSLも2月29日~と3月1日で、終わりです
  幼馴染が愛知県から故郷に帰って来た時
  友人3人でSLに乗って会いに行ったのは2010年2月
  10年前の事がつい最近のように思える


今日買い物へ行って気が付いた事
今までむき出しで置かれていた総菜が
全てパックされている
これは今だけなのか・・
それとも今回の事を機会にこれからはそうするのか・・

自分もマスクしているが
どれだけの人がマスクをしているか見回す

ざっと見て8~9割はマスク
随分長く生きてきているが
今まで目にした事のない異様な光景

今おきている事の重大さを再確認

マスクしている知人に声かけられた
「だれ?」
分かるまで数秒時間がかかった

マスク品薄で手作りのマスクをしていた知人
誰かに作ってもらったようだ
そんな立ち話をしていたら
見ず知らずの人が近寄ってきて手作りマスクに興味深々

そうだ
他人事ではない
マスクが底をついた時のために
手作りマスクも考えなくては・・

今にガーゼも品薄になるかも

終わりの見えない日々

yjimage.jpg
「新型コロナウイルス」が世界規模で拡大している今

昨日

本屋さんで咳をしている人が居た
離れて居たが申し訳ないが嫌な気持ちになった


何となく頭が痛いと思ったり
風邪気味と思った時

それさえ
まさかね?の思いが頭をよぎる

今日は1日家にいた
それが
今出来る事の一番の予防策にも思える

でも


夫は短期間の仕事へ行って居る
人と接する仕事

家にいる私に
目に見えない
どんなお土産持参で帰って来るか分からない

恐れても仕方ない
出来る事をするだけ

性格の違い

mFd1GUqsn1NfXHA1582419049_1582419393.jpg
「道新夕刊のクロスワード」珍しく夫が解いていた
次の日
そんな事も忘れて新聞をかたずけていると
一文字で完成のまま途中で終えているのが気になった

どんなに難問で解けなかったのだろうかと見ると
余りにも簡単な一文字

聞いてみると
分かんなかったんだよな~と言う

夫の名誉のために言うならば
私はスマホ片手に答えを調べて完成させる
夫は1文字完成させてないけれど
全て自分の頭で考えてほぼ完成

私はいわゆるカンニングで
1度やると完成するまでやらなくては気が済まない

夫はカンニングは無いけれど中途半端

どっちもどっちだけれど
たった一文字分からず中途半端に辞める夫になんでやねん

豚?猫?

IMG_3478.JPG
数日前
テレビを見ながら指輪をクリクリしていたら
食い込んでいた指から外れた

指には指輪の跡が残ったまま

そのうち指に指輪が無い事も忘れていた

芸能人の離婚騒動で
指輪が無いとかなんとかのニュース見て

自分の指に指輪がない事
赤い棚にポツンと置いた事思い出した

20年前に結婚25年記念に作った指輪

指輪やネックレスなど
キラキラ輝くそれらにまるで欲しい願望なく

この指輪一つで他に何もいらない

豚に真珠?
猫に小判?

はい
どちらかだと思います

手抜き夕食♪

6nmWiGv8rUTTfie1582265830_1582266006.jpg
  数日前のチラシを見て
  金曜日の夕食は
  このセイコーマートの弁当に決めた

  夫の希望です

  手抜き大好き
  手抜き大歓迎

新型肺炎コロナウイルス
これでもか
これでもかと

毎日拡大

日本でオリンピックが開催されるこの年に
世界中で感染が猛威

どうか1日も早く
このニュースに終止符がきますように